コンプリート日本史の受講者へ。9月からの学習を間違えるな! 

コンプリート日本史の2学期が始まった。
9月から入塾した多くの生徒が受講生に加わり、また大学入試という現実がより近くなってきたこともあり、教室に以前とは少し違った緊張感があったかと思う。また、夏期を有効に使い、サクナビの反復を重ねてきた受講生には一種のたくましさも備わっている。本当に頼もしい限りである。

しかし、9月以降(つまり2学期)のサクナビの学習には注意が必要だ。
1学期までの既習範囲において、その学習が不十分であっても、夏期の40日以上にもおよぶ時期に挽回することができたが、2学期の学習が遅れるとその挽回時期はきわめて限られた期間しかない。冬期の期間はあるが、夏期と比べて明らかに短く、また年明けにはセンター試験が控えており受験生に余裕がなくなってくるのだ。

余裕がない状況は受験日本史という暗記科目を学習するにあたって最も最悪な事態である。それは暗記は「焦る」と学習効率が悪くなるからである。通常の状態でそうなのであるから、それに加えて学習の遅れを取り戻そうとさらに焦ればどうなるかは聡明な受験生なら容易に推察できるであろう。

自分の学力を過信して、計画性もなく場当たり的にサクナビをやってはいけない。また、サクナビの効率性に依存して、冬があるかと基本的な復習を怠り、語句やテーマの関連性を無視した創意工夫のない学習に終始してはいけない。このやり方ではかならず時代の好き嫌いによりサクナビ学習の時代が偏るだけではなく、いつのまにかその都度行なわなければいけないはずの史料学習や図版を確認しなが行なわなければならない文化史の学習がおろそかになる危険性があるのだ。

合格者の流儀によれば、この時期の受験生はそうしたことを見越して(彼らもそれ以前の合格者の流儀を熟読しているのであるが)いる。そして2学期の学習を以下のように行ない問題を克服しているのである。

① 2学期の内容は月曜日から金曜日の平日とその隙間時間を使ってサクナビを整理し、「うすら覚え」でも構わずに、反復を多くすることで、その期間内にある程度語句や時代をイメージで捕らえようとしている。

 授業を録音している受験生が多く、理屈や理解を必要とする箇所を思い出せないときにはすぐに録音を聞き直している。

③ 赤セルだと覚えられない箇所は、赤セル学習にこだわることなく、何度も書いて覚えるなどの学習を行なっている。また、他人のやりかた(一問一答)などに気を散らすことなく、自信をもってサクナビ学習に専念している。

④ 問題集や反復学習を通じて自分が理解できたこと(新理解)や、重要なことだと思ったところは土屋先生の指示がなくてもサクナビに書き込んでいる。

 土日は1学期の内容を忘れないような反復学習と、問題演習、過去問に当てればよい。


これらは、サクナビ学習が他教科も含めた学習サイクルに組み込まれ、習慣的に行われてる受験生であれば問題なくできる。つまり今サクナビを学習している受験生ならば今日からでもできる。まだ始めていない受験生は是非とも実行してほしい。

 

◎「サクナビ」とは日本史講師土屋文明が入試情報を時系列、出題傾向別などにまとめた俯瞰型情報整理マップの総称である。時代別のサクナビは、現在、学校法人代々木ゼミナールで行なわれるコンプリート日本史①②のテキストの巻末の付録となっており、コンプリート日本史受講生がすぐに学習ができるように配慮されている。現在は一部時代で、動的精度を高めた「サクナビクス」も掲載し、新課程に完全対応している。なお、コンプリート日本史①②講座は単科講座(その講座だけでも単独で受講できる講座)として設置されており、他塾、多予備校の受験生も本講座を受講するために学校法人代々木ゼミナールに来校している。

日本史講師 土屋文明