サクナビクスレコーディングシート(recsheet)の配布とその使い方

大学受験の日本史で、効率かつ効果的な学習ができる、日本史講師土屋文明先生の情報整理マッププリント(サクナビクス。通称サクナビ)の学習をさらに促進させるYouTubeの音声学習教材の使い勝手はいかがでしょうか。QRコードで提供された音声教材はハイスピードバージョンですが、土屋文明先生のYouTubeのチャンネルでは標準スピードもあります。まだ慣れない受験生はそちらから聞いてみるといいでしょう。

さて、土屋先生の音声教材に対応したレコーディングシート(recsheet)をpdfファイルで配布します。サイトトップページのこのお知らせのひとつ下に「クリックでサクナビrecsheetがダウンロードできます」の項目をクリックしてスマートフォンにファイルを保存してください。スマートフォンに保存した後、自宅のプリンターもしくは、コンビニエンスストアのネットワークプリント(アプリをスマホに入れる必要あり。セブンイレブンでは登録不要のアプリの方を入れてください。1枚あたりのプリントアウト料金は20円)でプリントアウトして使用して下さい。レコーディングシートは以下のように使用して下さい。

1 レコーディングシートにある各時代の項目ごとに音声教材を指定のやり方(事前に配布されたサクナビクスプリントの最初のページに記載されています。)で学習して下さい。

2 各時代の項目が8割以上取れるようになったら、その日付をレコーディングシートの最初の右枠に記入します。例えとして5月1日に学習を始めその日に8割以上とれたら「5/1」と記入します。

3 8割以上とれた項目は最低3日間は同じ個所をやらない(学習法に書いてあります)ので、その箇所は8割とれた日のから4日目の5月5日にもう一度学習することになります。(つまり、レコーディングした日付に4を足した日です。)

4 5月5日の学習でも8割とれるようになったらレコーディングシートの5/1の右に5/5と記入し、今度は4日間同じ個所はやらず、5日目の5月10日にその箇所を学習することになります。(つまり、最後にレコーディングした日付に5を足した日です。)

5 その後、同じ個所が8割とれるごとに5日、6日、7日と同一箇所の学習間隔をあけて、レコーディングシートに記入しながら学習を進めます。

 

自分が行っている学習を簡潔にレコーディング(記録)することで、不安を源とする不必要な努力根性学習ではなく合理的で効果的な暗記学習が可能となります。自分自身の学習を暗記に振り回されず、コントロールできるようなる効果がこのレコーディングシートにはあるのです。 

がんばって日本史学習を進めてください。

ご注意下さい!
YouTubeで提供される動画ご注意視聴そのものは無料ですが、契約している携帯会社のデータ通信に応じた費用がかかります。無料のWi-Fiスポットや、データ通信定額サービスに加入せずに動画を視聴しますと、高額なデータ通信料の請求がきてしまいます。初めてYouTubeなどを利用する受験生の方は、まず、お手持ちのスマートフォンの契約がどのようになっているのかを確かめてから、学習教材を視聴するようにして下さい。

日本史講師 土屋文明