東京都では東京在住の受験生に学習塾の費用(20万円)を支援しています!

東京都 受験生チャレンジ支援貸付授業のサイト http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/teisyotokusyataisaku/jukenseichallenge.html
上記サイトでアクセスできないときは、「受験生チャレンジ支援貸付事業」で検索下さい。


お金がないから塾や予備校へ通わせることができない。。。
お金に苦労している親に予備校に行かせてとはとても言えない。。。

この時期、このような辛い話を、受験生やその保護者、教育関係者の方から聞かされます。
私自身、受験期に両親を亡くし、負担しなければならない教育関係の費用の大きさに苦しみました。私は扶養する家族がいませんでしたし、現役で大学に合格できましたので、苦しみながらも受験期を切り抜けることができましたが、受験生のご子息だけでなく、扶養家族があれば、月に数万円もかかる塾、予備校への出費は難しいというご家庭もあるかもしれません。

しかし、だからといってご子息の受験や、学習塾へ通わせることを諦めるのは早計です。

東京都では東京都に1年以上在住し、一定の収入を下回る家庭に学習塾の費用を最大20万円支援していることをご存じでしょうか?さらに受験時期には最大10万円の受験料も支援しています。つまり、受験生をかかえる保護者の方に今後1年間で30万円を上限とする学習支援を東京都は行なっているのです。

「でも、それは貸付だろ。銀行だって昔から教育ローンがあるんだよ。それに借りたら返済しなきゃいけないじゃないか。世の中そんなに甘くないんだよ。」そう思われましたか?

実はこの支援事業では、貸付対象となった受験生であるご子息が現役で大学に合格しますと、返済が免除されるというものなのです。つまり、大学の合格を条件に、東京都が塾や予備校の費用(最大20万円)、と受験料(最大10万円)を補助してくれるのです。なんと、持ち家があってもそこに居住していれば貸付対象となります。大学受験をめざす浪人生も対象になります。

もちろん事業目的の面から扶養者に所得等の条件がつけられていますが、「お金がないから」と経済的環境が障害となっているのであれば、多くの方がこうした条件でもクリアできるかと思います。ファイナンシャルプランナーの私が言うのもなんですが、多くの方に利用してもらうために貸付け条件のハードルをかなり低くしていると思います。

近年、授業料が無償となった公立高校や減額された私立高校では、大学受験指導を無料で行なうところが増えていますが、有料の教育サービスだからこそ満足のいく効果かつ効率的な指導を受けることができます。大学受験指導は有料、無料では必ず決定的な差があらわれるものです。そして、今、有料の教育サービスにかかる費用負担のほとんどを東京都が補助してくれるのです。

これを機会に、上記補助を検討していただき、ご子息を塾、予備校にあずけてみてはいかがでしょうか?

受験日本史ということでしたら、学校法人代々木ゼミナール、提携サテライン予備校を通じて、日本史講師の土屋文明が責任をもって指導をいたします。

 

東京都 受験生チャレンジ支援貸付授業のサイト http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsushien/challenge/consultation/challenge.html
上記サイトでアクセスできないときは、「受験生チャレンジ支援貸付事業」で検索下さい。

日本史講師 土屋文明